ルール無視、それが生き辛い世の中を作るキッカケです

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【居場所を失わない為に】

先日あるライブハウスで、ライブが開催されました。

行政で出されたガイドラインを守ってのライブです。

1.密を避ける為、通常の7分の1しか入れない。

2.お客様とステージの間に、ビニールを張る

3.お客様が声を出さない為の鳴り物を配る

4.途中5分間の換気タイムを入れる

5.消毒・マスク

6.お客様の間隔を保つ為に椅子を置く

と、ルールを守って開催されたライブです。

何故、ルールを守って開催したのですか?

この質問に『自分達の居場所を守るため、居場所を失わない為』だと言いしました。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 ここが、成功を継続する人と、しない人と違いです。

継続しない人は、今儲かれば良い、自分だけ良ければ良いと考えていて、ルール無視も当たり前です。

その結果、居場所がドンドン無くなって行くのです。

タバコは、その典型です。

昔は何処ででも、吸えました。

しかし、モラル無い喫煙者が、ポイ捨てや、子供に火傷をおわせて歩きタバコ禁止になり、お店でも禁煙になり、今では決められた所でしか吸えなくなりました。

他人に迷惑を掛けずに吸っていた愛煙家にしてみれば、迷惑な話しです。

あなた自身の居場所を守る為にも、ルールを守って下さい。

それが、成功者の行動です。

周りに迷惑をかけないと言うより、周りの幸せを考える行動を心掛けて下さい。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

学びを活かしていますか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【体験する】

体験に勝るものはない。

成功の為に、学び続ける事が重要です。

上場企業を築いたWATAMI創業者、渡邉美樹社長も、成功し続けたいなら、生涯学び続ける事だと言っています。

ところが、日本人は勤勉で学ぶ心を持っている割には、成功者は多く有りません。

何故?

実戦しないからです。

良い学びをしたら、あなたは実戦していますか?

学んで満足しても、一銭にもならない事は、小学生でも分かります。

 ポチッとお願いします↓

感謝

ぶち抜く力の著者、与沢翼さんも語っています。

学んだら体験する事が重要だと。

要するに、学んで良いと感じたら、やる事です。

当たり前の事ですが、じゃあ、あなたは実戦していますか?

体験していますか?

NOじやないですか?

ほとんどの人は、学んでおしまいです。

じゃあ、何の為に学ぶのですか?

成功したいなら、学んで良いと感じたら、体験して下さい。

実戦して下さい。

その先に、あなたの目指す成功があるはずです。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

創業時と別業種になって成功している訳

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【危機感】

成功を続ける経営者の多くは、常に危機感を持っています。

一度成功したからと、それが一生続く程、世の中甘くない事を知っているのです。

だから、成功を継続している会社は、常に経営者が危機感を持っていて、世間の流れにアンテナを張り巡らせています。

だからこそ、今繁盛していても、新商品、新サービスの開発には、常に力を注いでいるのです。

実際、50年100年と継続している企業で、創業時とまるっきり違うビジネスになっている所は珍しく有りません。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 仮に同じ商品だとしても、常に時代に合わせてバージョンアップをしています。

マイクロソフトのWindowsは、その典型ではないでしょうか?

ファミコンといえば任天堂ですが、設立事は花札メーカーです。

ソーシャルメディアの一つmixiも、創業時は求人サイトの運営会社でした。

資生堂は調剤薬局で、自動車メーカーのマツダは、コルクの製造会社でした。

貸金業で1兆円の資産を持つアコムは、何と呉服屋からのスタートです。

あなたは、危機感を持って日々暮らしていますか?

今の成功が一生続く何て考えないで、常に危機感を持ち、アンテナを張り巡らせて下さい。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝