ロックの帝王・矢沢永吉の成功秘話

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 ロックの帝王、矢沢永吉。

10代の時、ビートルズをみて俺もビッグになると決め上京を決意。

高校卒業後、広島から東京に向かう途中、横浜で下車し、米軍基地のある横須賀へ。

寝る宿もなく、鍵の空いてる車で寝ていると所有者が来て怒鳴られたらしい。

そして、住込みの仕事を見つけ、寝場所を確保。

いくつかのバンドを組むが上手くいかなかった。

そして、伝説のバンド、キャロルを結成し、ついにチャンスが来た。

革ジャン・革パン・リージェントが流行るとあるテレビ番組でやっているのを見て、俺たちじゃんと思い、テレビ局に電話したと言う。

実はこの時までは、リージェントはやってなかったらしい(^o^)

 ポチッとお願いします↓

感謝

担当者からは、デモテープ送ってと言われ、慌ててスタジオを借り録音したが雑音が入り上手く録音出来なかったが、そのテープを送り電話をした。

局からは、相手にされなかったと言う。

ここからが、スター矢沢永吉の伝説の始まりです。

断られても、断られたれても、しつこく『どうですか?』と電話をし続け、ついにチャンスを掴んだようです。

『あなたも、しつこいね、じゃあ1曲だけ歌わせてあげるから』とデレクターが折れたようです。

そして、テレビで1曲歌い話題となり、スターの階段を昇り始めたようです。

永ちゃんは、ずっと成功した姿をイメージしていたと言う。

ハッタリ、しつこさ、自己暗示、これこそが、成功の原動力です。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年11月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功法則

沢尻エリカ逮捕、最優主演女優賞を取りNHK大河ドラマも決まり、本格女優としての地位を確立したのに、何故。

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【今に満足しない】

井筒和幸監督のパッチギ!の主役に抜擢されたのが、沢尻エリカ18歳。

演技力を高く評価され、新人俳優賞を受賞。

映画の発表記者会見の『別に』発言で芸能界を干されました。

その後、高城剛氏との結婚離婚と波乱万丈の人生をおくり、復活後のヘルタースケルターで、最優主演女優賞を受賞し、来年はNHK大河ドラマも決まっており、ノリに乗った時期に、違法薬物で逮捕と世間を驚かす事になった。

連日、沢尻エリカの報道の中で、昔のインタビュー動画を見て、女優として大成功を収めた理由が分かりました。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 18歳で新人賞を取った時のインタビューで、周りが褒めてくれる事に対し・・・

全然嬉しくも無いし、褒めて欲しくも無い、30代40代になって、演技に磨きが掛かった時に認めてもらえるなら分かる・・・

と当時の自身の演技に満足していない訳です。

今に満足しない。

もっと上を目指す。

だから、成長し成功するのです。

どんなに偉くなっても、成功しても、法を犯してはダメですよね。

後悔しても元には戻りません。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年11月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功マインド

『私は悪くない』こんな言葉を使っていませんか?使っているうちは、成長出来ず成功は厳しい

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【私は悪くない】

お母さん、みんなの迷惑になってるよ?

混雑している道の真ん中に、乳母車を斜めに置いている母親に、小学生くらいの息子が言った一言です。

それに対し、母親は『私は悪くないから』と言い放ちました。

休日の横浜中華街の入口の側で、父親らしい男も居ました。

子供でも、周りに迷惑が掛かって居ると気付く状況の中、気にする事のない両親。

見かねた息子は、乳母車を押して道の隅に寄せました。

素晴らしい息子の行動に、感動です。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 この子が通う学校の先生の教えが、素晴らしいのではないかと、想像が出来ます。

成功したければ、この子を見習い、常に周りへの気配りして下さい。

最悪なのは、この母親です。

『私は悪くない』と言っているうちは、自己反省がない訳ですから成長出来ず、当然、成功もしません。

この両親に育てられる事で、この素晴らしい息子が、両親のカラーに染まって行く事が心配です。

あなたの成功も、あなたの行動に影響を受ける部下の成長が鍵になるはずです。

あなたは、どうですか?

神様に恥じない行動になっていますか?

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年11月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師