成功した1年?不満だらけの1年?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 あなたの今年は、どうでしたか?

納得できる稼ぎが有りましたか?

本気の仲間が出来ましたか?

あなた自身、成長しましたか?

大成功と言える一年でしたか?

 稼いだ人を見て妬んでも、あなたの収入は増えない。

他人を批判しても、あなたの人生は良くならない。

 ポチッとお願いします↓

感謝

今年が素晴らしい一年だったかは、あなた自身の成果次第じゃないでしょうか?

預金が増えたか?

欲しいものを手に入れたか?

家族を幸せにしたのか?

誰かに感謝されたか?

心から信頼出来る友が出来たか?

新たなチャレンジを始めたか?

あなた自身の年始と比べ、どうだったかです。

他人と比べる必要はない。

成功と言える一年にする為にも、あと数日、本気で生きる事です。

私は、今年も新たに素晴らしい仲間が出来ました。

真の仲間は宝です。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2016年12月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:経営学

死んでから後悔しても遅い、本気で成功したいなら今やるべきです。

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

数年前に「東久邇宮文化褒賞(ひがしくにのみやぶんかほうしょう)」を頂いた。

 私は、この瞬間・・・

o08000533122694220532 o08000533122694220541

もし、母が生きていたら、どんなに親孝行になっただろうか・・・

私の母は、3つの事を私に言い続けた。

1、嘘は付くな。

2、他人に迷惑はかけるな。

3、薬(麻薬等)はやるな。

そして、こう言っていた。

お前がもし新聞に乗るような事をしたら、お前を殺して私も死ぬと。

そんな母のお陰で今がある。

生きているうちに親孝行をすべきだった。

あなたは、どうですか?

 ポチッとお願いします↓

感謝

私は後悔しない人生を送ってきた。

唯一、後悔している事が親孝行です。

死んだら、

どんなに感謝を伝えたくても伝えられない。

どんなに親孝行をしたくても出来ない。

年に何度も墓参りに行くが、生きている時にやるべきだった親孝行は出来ない。

成功を目指す方々に言いたい。

生んでくれた親への感謝、育ててくれた親への感謝を口で伝えて下さい。

生きているうちに親を大切にし、親孝行をして下さい。

それが出来るから、部下やお客様があなたを支持してくれ成功がある。

親への感謝の無い人間が、他人の心などつかめません。

他人の心を掴むには、まずあなた自身が、一番感謝すべき人に感謝を伝える事からです。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2016年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:経営学

4472円の価値があった食品、成功の為に信じる心の大切さを学んだ。

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

成功の為に、疑う事も重要だが、素直に信じる心はもっと重要だと実感した。

 この猫のご飯4472円、普通のご飯と比べて7.8倍の値段で、消化器サポートと言う健康食品です。

 15232191_1380912361920026_2669493513774612178_n2

色々と体に良いと言う猫や犬のご飯が有るが、そんなの意味があるの?

私は、今まで信じていなかった。

あなたは、どうですか?

ところが、この消化器サポート、凄い。

もの凄く、凄い。

実は、たま吉が、ご飯を食べなくなった。

我が家の中で、レオとたま吉は食い意地が張っていて他人の分まで食べて困っている。

そのたま吉がご飯を食べない。

慌てて病院に行くと、フン詰まりしていた。

ポチッとお願いします↓

感謝

レントゲンを見ると、ウンチが内蔵のノド近くまで溜まっている。

うぉ~、たまちゃんゴメンね。

全部出してもらい、病院で、このご飯を食べさせるように言われた。

そしたら・・・

我が家の猫のトイレに誰か人間がウンチした?

とビックリするぐらい、大ウンチ、ウンチ、ウンチ・・・

6匹分のウンチが・・・

凄い。

 高いには高いなりの意味があった。

今回、初めて実感した。

成功の為に、信じる事の大切さを、このご飯から学んだ。

信じてやってみる、上手く行かなければ、上手く行かない事を学べた訳で、どちらにしても成長出来る。

15241265_1380912358586693_4525528116424261390_n1

今日も快便中のたま吉。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2016年12月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:経営学