反発する社員をどうすべきか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

【会社理念】

イエスマンだけ集めて、裸の王様になっていませんか?

イエスマンだけの組織は、衰退の始まりを表しています。

トップとしては使い易いでしうが、それぞれの社員が意見も信念も理想もないと言う事です。

そんな社員がどれだけ集まっても会社発展のために、本気になって何かをやる人間は居ません。

本気で成功した人なら、あなたに反発する位くらい自分の意思を持ち、意見する人間を大切にして下さい。

では、ただ反発する社員がいれば良いのでしょうか?

それも違います。

あなたが成功する為の経営理念があるはずです。

ポチッとお願いします↓

感謝

その理念に共感し、その理念に沿って進もうとしている社員であることが絶対条件です。

その上で、こうする方が経営理念に沿っているからと、反発する社員が会社を成長させるのです。

あなた自身が経営理念に合わない事をやる事もあるはずです。

私は会社を設立した時から『お客様と一生涯のお付き合い』と言う理念を掲げています。

お客様と社員達を大切にし、一生涯付き合っていくと決めていたはずなのに、一時期お金に走り社員を大切にしなくなった時期がありました。

当時、そんな私に猛反発した責任者がいたのですが、結局私は彼の意見を受け入れず彼を失う事になりました。

本気で成功したいのなら、意見する社員の言葉に耳を傾け、会社理念に沿っているのなら受け入れて下さい。

反発する社員は宝です。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2022年1月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会社組織作り

相手を変えようなんて思わず自身が変わることを考えてみてください。

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【自分を変える】

以前、ある大手企業の役員さんのお宅にお邪魔すると、奥様が子供に対して・・・

宿題したの?

明日の準備は?

〇〇は終わったの?

と、聞いていられない位、子供に対し威圧的な言葉を投げかけていました。

たまりかねてガミガミ言っても子供は変わりませんよ、と言うより反発するだけです、と助言しました。

奥様も分かっているんだけど、ついつい言いたくなるのよね、と言っていました。

ポチッとお願いします↓

感謝

 何年もここのお宅に通っているうちに、奥様は威圧的に言わなくなっていました。

最近、お子さんに言わなくなりましたね?

そう、私は悟ったのよ。國武さんも以前言ってたじゃない、ガミガミ言っても反発するだけって。

そうですよ。

言うのも疲れるから言うのを止めたら、なんか素直な良い子になったのよね。

結局相手の悪いところを指摘して、相手を変えようとしても疲れるだけで、反発されて逆効果です。

相手を変えるのは難しいですが、自分が変わるのは簡単です。

自分が変わるだけで、相手の態度は簡単に変わります。

成功したければ、相手を変えることよりも自身を変える事を考えて見て下さい。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2021年12月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会社組織作り

多くの経営者の悩み、解決したければコレを実践してく下さい。

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【対話】

経営者がどれだけ社員のことを思い行動したとしても、社員と言うのは不満を持つものです。

その不満を1つずつ解決し、働きやすい環境を作るのが経営者の仕事です。 

不満といっても、商品に対する不満、待遇に対する不満、人に対する不満と様々です。

人に対する不満でも、同僚なのか、上司なのか、社長や役員になのかと別れます。

小さな会社だと社長自身が、社員、管理者、役員のそれぞれの不満を聞いて解決していく必要があります。

成功を継続させるためにも、社長自ら一人ひとりの不満を聞き、解決して行って下さい。

特に身内を役員に入れている場合に、その身内が働かず社員から不満が出るケースは結構あります。

不満を解決するために、辞めさせたいけれども身内だから辞めされられないと言う悩みを抱えている経営者も少なくありません。

ポチッとお願いします↓

感謝

 だからといって手を打たなければ、会社を支えている社員たちが辞めていく結果になります。

だから、会社を発展させる為には何がベストかを、常に考え決断する必要がある訳です。

個々の不満を聞いた上で、本人を呼んで改善を求めて下さい。

改善が難しいと判断するなら、全体会議を行い名指しされた本人に改善を求めるべきです。

この時、重要な事は名指しされた本人を責めるのではなく、あなたの事が必要だし、これからも会社を支えてもらいたいと言う事を言った上で問題定義して下さい。

こうすれば、改善がなされなくても、問題定義した社員にあなたがやってる事は伝わります。

成功継続の為に、何がベストかを冷静に考え決断し行動して下さい。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2021年12月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会社組織作り