内容よりスピード重視が成功への道

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 『内容よりスピード』

すごく相手に気を使う女性が居る。

お礼のメールを送るのにも、何度も何度も書き直し、内容を私にどう思う?と聞く。

たった1件のお礼メールを送るのに、半日以上掛かる事もある。

書いては消しを、何度も繰り返す。

そんなに悩まなくても『有難う御座います』で良いんじゃないの?と言うと、それではダメなのと言い、また悩む。

あなたは、どう思いますか?

相手は、この女性が、そんなに悩んでいるとは気付かない訳です。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 悩んでいる間に、相手から先にお礼のメールが来た事があるようです。

わっ、どうしよう、と慌てて返信する。

すると、相手は自分がメールしたから、返信が来たと思う訳です。

そうなる前に、まずはお礼の気持ちを素直に送るべきです。

内容を濃くしたければ、返信が来てから考えて、また返信すればどうでしょうか?

内容より、まずは相手より早くお礼を伝える事を優先すべきです。

それが、相手から好感を持たれ、応援してもらえるファン作りになり、あなたの成功の応援団になってくれるのです。

成功したければ、何をするにもスピードです。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年4月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功の落し穴

高校時代天才と言われた彼女は、大人になって願う人生を手に入れていた

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 先日、高校時代に教師からも天才と恐れられた少女が30歳を過ぎ何をしているのか?と追跡番組に出ていた。

今は国からの依頼で、子供に関する研究をし、英語の論文を書いて居るようで、天才健在って感じでした。

何故?そんな天才と言われ、自身が願う成功を手に入れているのか?

親の育て方にあったようです。

何で?何で?何で?と子供の頃から疑問に思った事を親に聞くと、親は必ず調べて納得するまで教えてくれたそうです。

成功するには、環境が大事って事です。

 ポチッとお願いします↓

感謝

凡人になる人は、小さな頃は、何で?何で?何で?と親に言うと、ちゃんと教えてもらえたのに・・・

それが、小学生の高学年になる頃には、疑問に思った事を聞くと、うるさいとか、そう言うものだと言われ、納得していないのに疑問に持ってはいけないんだ、と脳に言い聞かせるようになる。

ここで考えない、考えてはいけない脳が出来上がる。

もし、あなたが子育て中なら、絶対に面倒くさがらずに、納得するまで答える事です。

あなた自身が、そんなものと納得してしまう脳になっているなら、純粋無垢な子供時代を思い出し、トコトン納得するまで聞いたり、調べる癖を付けて下さい。

成功脳を取り戻しましょう。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年1月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功の落し穴

信念無きリーダーに人は付いて来ない

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 信念無きリーダーに人は付いて来ない。

継続し、事業を伸ばす経営者は共通して経営に対する信念がある。

それに対し、消えて行く経営者は儲かれば良い等々で、経営理念も信念もない。

私は独立間もない頃、毎晩毎晩『お客様と一生涯のお付き合いをする企業体にする』と理念を語り続けた。

壊れたテープレコーダーのように、何度も何度も繰り返し熱く熱く語った。

その結果、私の想いに賛同する社員が1人、2人と増え、同じ想いの集合体になって行った。

この頃が、一番会社は安定して成長していた。

そして、楽しかった。

利益が出て、お金が残り始めると私は株やFXで運用を始めた。

すると、会社の最終利益より、私一人で運用する利益の方が遥かに大きくなった。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 その結果、私は社員と接する時間が減り、理念など語らなくなり、新入社員に至っては3ヶ月経って始めて会う者も居た。

そうなると組織は崩壊しだす。

私に逆らう責任者に、『好きにしろ、その代わり一度でも赤字になったら会社を閉める』と言い放った。

結果、一つの店舗は全員会社を辞め、責任者は2番手を連れて辞めて行った。

そこで、始めて気付かされた。

理念、信念は何処に行ったのだろう、と。

本気で成功を継続したいなら、どんなに儲かっても信念を忘れてはいけない。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2018年11月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功の落し穴