信念無きリーダーに人は付いて来ない

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 信念無きリーダーに人は付いて来ない。

継続し、事業を伸ばす経営者は共通して経営に対する信念がある。

それに対し、消えて行く経営者は儲かれば良い等々で、経営理念も信念もない。

私は独立間もない頃、毎晩毎晩『お客様と一生涯のお付き合いをする企業体にする』と理念を語り続けた。

壊れたテープレコーダーのように、何度も何度も繰り返し熱く熱く語った。

その結果、私の想いに賛同する社員が1人、2人と増え、同じ想いの集合体になって行った。

この頃が、一番会社は安定して成長していた。

そして、楽しかった。

利益が出て、お金が残り始めると私は株やFXで運用を始めた。

すると、会社の最終利益より、私一人で運用する利益の方が遥かに大きくなった。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 その結果、私は社員と接する時間が減り、理念など語らなくなり、新入社員に至っては3ヶ月経って始めて会う者も居た。

そうなると組織は崩壊しだす。

私に逆らう責任者に、『好きにしろ、その代わり一度でも赤字になったら会社を閉める』と言い放った。

結果、一つの店舗は全員会社を辞め、責任者は2番手を連れて辞めて行った。

そこで、始めて気付かされた。

理念、信念は何処に行ったのだろう、と。

本気で成功を継続したいなら、どんなに儲かっても信念を忘れてはいけない。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2018年11月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功の落し穴

ちょっとの感情に惑わされ無い事、成功の為に冷静に想像して見て下さい

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 あなたにとって大切な人は誰ですか?

ビジネスならお客様、社員、協力業者等々だろうし、私生活なら妻、恋人、子供達、仲間・・・

色々なシーンで大切な人は沢山いるはずです。

人は1人で成功して行く訳じゃないんです。

多くの人に支えられて良い人生を送るんです。

初めは大切な人達に対し、感謝があったはずなのに、いつのまにか忘れていませんか?

例えば、夫婦。

結婚した時は、一生大切にすると誓ったはずです。

それがいつのまにか同僚とお酒を飲みながら、女房の愚痴を言い必要ないとまで言う。

あなたも、そんな事を言って居ませんか?

ところがです。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 実際に居なくなったら・・・

どうですか?

あなたは、抜け殻のようになって働く意欲すら失うのではないですか?

実際、そう言う人を何人も見てきた。

居なくなって初めて分かるんです。

生きていれば意に沿わない事は、いくらだってある。

その時、冷静に想像して下さい。

この人が居なくなったら・・・

どうですか?

困るはずです。

意に沿わない事、腹が立つ事があったからって、感謝を忘れないで下さい。

あなたの成功を支えてくれる多くの方々への感謝を忘れなければ、間違えなくあなたは成功出来るはずです。

冷静な判断を。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2018年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功の落し穴

生きているから成功もある

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 死んだら終わりです。

『人間50年』織田信長公の有名な言葉です。

男として織田信長公に憧れる人は多いはずです。

でも、死んだら、その先の人生はないんです。

以前、特攻隊でゼロ戦に乗り、相手戦艦に突っ込まず、不時着した方から直接お聞きしたの言葉

『人間死んだら終わりです、カッコ悪くても、生きてこそ満足な人生が送れる』

特攻に行き、逃げて、米兵に囲まれ、10代の女性に守ってもらい生き延びた。

こんな話をしていた。

当時の男として、本当にカッコ悪い生き方かも知れない。

でも、ミョ〜に共感した。

死んだら明日はない。

 ポチッとお願いします↓

感謝

成功道半ばで死んで良いんですか?

生きているから成功も出来るんです。

日本人は、馬車馬のように働き、健康は二の次の人が多い。

私の知人で全国3位になるくらいのトップセールスマンが、脳腫瘍になり20代で第一線を退いた。

彼は前兆があったにも関わらず仕事を優先して来たと言っていた。

もし、健康管理を第一に考えていれば、防げたかも知れない。

健康があってこそ、気力がみなぎり、成功出来るんです。

あなたの健康管理は、あなた自身で行なって下さい。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2018年6月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:成功の落し穴