10年で急成長を遂げたビズリーチ南壮一郎社長

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

ビズリーチ南壮一郎社長は、スポーツに携わりたく、外資系証券会社を辞め、スポーツ関係の仕事を探した。

その結果、フットサル場の管理人しかなく、そこに転職したそうです。

その後、色々なツテを使い楽天の三木谷社長に20分の時間をいただく事が出来、翌日から楽天に入社する事になった。

そして、楽天イーグルスの立ち上げに、裏方として参加した。

30歳を過ぎ自分でも、第一線で勝負したくなり独立し、ビズリーチを立ち上げた。

何故、転職サイトを始めたのか?

自分自身が、転職を考えた時に、非常に不便を感じ、ITが活用されていない事に気付いたからだと言う。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 プロ野球選手なら、手を上げれば必要とする球団が声をかけてくれる。

一般の社会人にはそれがない。

非常に不便だったので、それをビジネスにした結果、10年で従業員1300名を超え、年商150億円を超える企業に成長出来たと言う。

3BAEBFD4-9148-42C8-A594-9C0A49867DC6

自分が不便を感じたから・・・

成功のポイントはここです。

自分が不便と感じる事を便利にする。

便利な世の中になり、何でもあるようですが、意外と身の回りには不便があるはずです。

それがビジネスになる。

例えば、高齢者が増え、重い買い物の宅配サービスなどは、今や当たり前になった。

あなたも、不便を感じている事をビジネスにすれば、成功間違え無しです。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

叫んだだけなのに全身筋肉痛、そんな経験ありますか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 『本気』

成功したければ本気になれって言うと、ほとんどの人が本気でやってます、と言う

本当ですか?

本気の意味、分かっていますか?

では、あなたが今まで何かを本気で行った事を思い出して下さい

その時、もう歩けませんでしたか?

もう身体を動かす力は残っていませんでしたか?

本気と言うのは、あなたの持てる全ての力を出し切ると言う事です

私は以前、研修合宿で『立ちなさい』と言うワークをした

参加者が椅子に座り、1人が前で『立ちなさい、』と叫ぶ

心に響いた人が立つ、全員立たせたら終了です

やった人にしか分からないだろうが、本気で立たせたい気持ちを言葉にすると、相手に響く

 ポチッとお願いします↓

感謝

 私は、座っている参加者に津波が迫るシーンを想像し『立ちなさい』と心の底から叫んだ

全員立ってくれたのですが、驚いたのは翌日です

たった一言叫んだだけなのに、声が枯れているんです

それだけなら理解出来るが、全身筋肉痛です

『本気』とは、こう言う事です

全身全霊で一つの事に集中した証です

あなたは、どうですか?

そんな体験した事は有りますか?

有るなら、胸を張って『本気』でやっていると言って下さい

人は、自分の能力の数%しか出していません

あなた自身には、無限の可能性がある

無限の力がある

『本気』になれば叶わない夢などない

その為に、眠っている能力を出し切って下さい

 ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

起業した事のない人に学び5,000万円の損失、当然です

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 1+1=2、1+2=3、1+3=4・・・

小学校で何度も書いたり、復習を繰り返し覚えたはずです。

何十年も前に学んだのに忘れる事も、間違える事も無い。

1+1=5、1+2=8、1+3=10・・・

と覚えたとしたら、何の役にも立たないどころか、周りから変な目で見られるかもしれない。

あなたにとって、成功に必要不可欠な事は何ですか?

あなたの成功に必要で、正しい学びをする事です。

 ポチッとお願いします↓

感謝

  例えば、独立を考え学ぶとする。

小学生の算数と違い、起業塾は沢山ある。

中には、起業した事のない人がやっているものも少なくない。

私も以前ある方の助言を信じ、5,000万円を儲けそこなった。

同じ事を年商100億円以上の企業の社長に質問したら、皆、真逆のアドバイスだった。

先に、実績ある社長たちに聞いていれば、5,000万円手にする事が出来た訳です。

だから、あなたが成功の為に師匠を選ぶなら、あなたが目指す成功を手にいれている人物を選ぶべきです。

そして学べば、後は自然に出て来るまで反復練習をする事です。

成功する為には、学んで終わりではないんです。

自分のものとして実践できるようになる事が重要なんです。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ