絶対に真似ではいけない営業

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【褒める】

営業の基本は、コミニケーションです。

相手の話を聞くことで、コミニュケーションをとって下さい。

結果を出せない営業マンは、自分の商品を宣伝しようと、必死に説明をします。

だから売れないのです。

真剣にお客様の話を聞いて聞いて、聞き出して、そして褒めて下さい。

先日、最悪の看板屋の営業マンがやって来ました。

以前のお店で使っていた電光看板があったので、その看板を今のお店の入口に置いていました。

 10年以上前の看板です。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 この看板はかなり昔のタイプなので新店舗には会いませんよ、新しい看板を入れませんか?と言いました。

断ると、古いんですよ古いですよと連呼し、挙げ句の果てに、このメーカーはもう有りませんよ、と言いました。

数日前に、このメーカーの営業マンも来ているし、今回リモコンが見つからずリモコンをメーカーから買っています。

古いと言って、お客様が使っている商品を馬鹿にした上、最後には嘘までついて売ろうとする営業マンに、我慢の限界を超え追い返しました。

こんな営業では、商品がどんなに良くても売れません。

お客様は商品以前に、営業マンを買うのです。

成功したければ、お客様の気持ちに寄り添って褒めて下さい。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2021年4月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

成功者を真似るべきではない部分

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

【成功者を真似ない部分】

100名以上の社員を抱える成功している社長は、人前で喋る機会が多くなるので、喋るのが上手い方が多いはずです。

2番手3番手が、余程しゃべり上手でない限り、社長はしゃべり上手です。

そんな社長達が、いくら話をしようが周りは耳を傾け聞いてくれるでしょう。

ところが、まだその域に達していないにもかかわらず、口だけが達者になり、他人の迷惑を考えずしゃべり続ける人がいます。

成功の近道は、成功者の猿真似だと言いましたが、ここは真似してはいけない部分です。

勿論、あなたの話しを聞くために集まった会なら、いくらでも話しをして問題はございません。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 そうでないなら、しゃべることよりも聞くことに力を入れてください。

相手の話しを、目を見てうなずき真剣に聞く『傾聴』です。

聞く事を重視して下さい。

先日、ある会社の懇親会が私の店で行われました。

最後に社長が話しをしている時に、仕事をもらっている側の社長が、話しも聞かずにしゃべっていました。

私は店側の人間だから、黙って話しを聞けって言う訳にも行かず、社長もしゃべり辛そうでした。

成功したいなら、しゃべりたい気持ちを抑えて、他人の話しを聞いて下さい。

成功者は、あなたの行動を見ています。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2021年4月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

成功しないタイプpart3

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【時間と約束】

時間と約束を軽視している人は、成功できません。

もし成功出来るとすれば、芸能人や芸術家のように、自分自身にしかない才能を生かした仕事だけです。

一般の仕事で成功する為には、多くの方々に支持され、多くの方々に応援される必要があります。

せっかく、あなたを応援しようとする人達に対して、約束を破ったり時間に遅れることを繰り返していれば、応援してくれる人が1人2人と減って行き、気づけば誰からも応援されない裸の王様になっている訳です。

それで成功できますか?

成功したいなら、沢山の方々から愛される人間になって下さい。

そのためには、時間と約束を重視して下さい。

 ポチッとお願いします↓

感謝

ネットから出てきた成功者たちが、ほとんど消えていきましたが、彼らに共通するのが時間にルーズだと言うことです。

その1人が、ある会を主催し応援を頼まれ、10名ぐらい連れて行った事があります。

ところが、開始時間になっても、当の本人が来ていないのです。

そんな人間と付き合っていると、こちらまで同類と思われ良い事は有りません。

だから、まともな成功者達は、そんな彼らを相手にしません。

本気で成功したいなら、時間と約束を守ると言うのは最低限やって当たり前のことです。

成功とは、当たり前の繰り返しの先にあるものです。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2021年3月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師