出来るけどやらないって、どう思いますか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 出来るけどやらないって、出来ないのと同じです。

ある会社の営業マンとの会話です。

今月はどう?

クビにならない程度にやってます。

クビにならない程度出来るなら、本気でやって稼げよ。

やれば出来ますけど、大して歩合もくれないからやりませんよ。

欲はないの?

有りますよ。

じゃあ歩合が、少なても成績上げれば、偉くなって給与も上がるでしょ。

大して上がりませんし、上司の手柄になるだけだから、やれば出来ますが、やる気になりませんよ。

ポチッとお願いします↓

感謝

この会話を、あなたはどう感じますか?

負け犬の遠声と同じです。

負け犬ほど大口を叩く。

やらないのは出来ないのと同じですが、それを認めないのは小学生以下です。

成功したければ、出来ない自分自身の事を受け入れる事です。

出来な事が恥じゃない、認めない事が恥です。

自分自身の事は、自分が一番分かっているはずです。

成功したければ、現在の自分自身の実力を正しく分析し受入れる事です。

受入れるから、改善が出来、成長し、結果が出せ、成功するのです。

お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2017年11月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

本当に特別ですか?それは、あなたが特別行動しないだけじゃないですか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 私が副業で水素の普及活動をし月100万円以上稼ぐようになったと言うと、成功しない人は口を揃えて、こう言う。

会長は、特別ですよ、と。

だから、あなたは成功出来ないんです。

100歩譲って私が特別なら、あなたも特別な人になれば良い。

特別ですよって言葉は、

行動しない自分を正当化する言葉です。

面倒だから、やらないって言ってる言葉です。

成功はしたい、稼ぎたい、でも、行動はしたくない。

だから、甘い言葉に引っ掛かる。 

あなたが招いた当然の結果です。

ポチッと↓

感謝

私は学生時代、国語が2です。

本も、文章を書くのも大嫌いでした。

でも、SNSが流行り、流行に乗り、本業に誘導して月100万円売上を上げると決め、ミクシィーを始めた。

結果、売上はゼロ。

そこで諦めずに、アメブロを初めた。

まずはアクセスを増やす為に、1年でアメブロランキング1位になると決め1日3記事を書き続けた。

結果、8ヶ月でアメブロ1位になり、その翌年にはブログから、本業へ1億5000万円以上の売上が上がった。

特別じゃないんです。

明確な成功目標を決めて、結果を出す為に、失敗・改善を繰り返し、達成と言うゴールまでやり続ける。

この行動が特別と言うなら、あなたも特別な行動をして下さい。

 【水素革命blog】
http://attaka-suiso.com/archives/2121

  ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2017年11月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

この人、稼げると思いますか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 ある調査によると夢を叶える人は3%、成功するって、そんなに難しいのか?

そん事はない。

あなたが、本気になれる仕事を結果が出るまでやり続ければ、その先には成功しかない。

成功って簡単なんです。

じゃあ何故、夢を叶える人が3%しかいないのか?

本気で一つの事に打ち込まない人が多いだけです。

成功しない人って、次々と甘い話に飛び付いて仕事をコロコロ変える。

先日も居ました、久しぶりに会ったら、いきなり何もしなくても儲かる話があるんだけど・・・と資料を出して来た。

以前やってた◯◯は?と尋ねると・・・

あれはダメ、儲からないから辞めた、と言う。

ポチッとお願いします↓

感謝

甘い誘惑に、次々飛び付いては、大した行動もしないでケチを付けて辞める。

もし、あなたが成功の為に稼ぐと言いながら、稼げていないとしたら、この人と同じ行動をしていませんか?

あなたが、本気で良いと感じる仕事に、本気で取り組めば、必ず成功出来ます。

例えば、私が副業で、日本の医療費削減し日本経済を救う目的で、水素普及を約5年位やってきた。

結果、月100万円を超える収入を得た。

これが多いか、少ないかは別として、一緒に始めた人は、ほとんど残ってなく転々とビジネスを変え相変わらず稼いでいない。

本気で稼ぎたいなら、結果が出るまで行動して成功を手に入れて下さい。

  お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2017年11月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師