たった一言が明暗を分ける

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 『一言が明暗を分ける』

たった一言、お礼の電話が出来るかが明暗を分けます。

先日、区の違う2人の方から選挙の応援を頼まれました。

どちらも、区内の有権者を紹介して欲しいと言い、名前、住所を書く紙を置いて行きました。

私はその紙に知人30名位書いて、両方に郵送しました。

翌日には、片方の方からは『沢山有難う御座います』と電話がありました。

もう一方の方からは、何の連絡も有りません。

どちらを、本気で応援したくなりますか?

当然、お礼の電話がある方ですよね。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 別にお礼を言って欲しくて協力した訳ではない。

それでも、選挙活動で忙しい中、わざわざ電話をもらうと嬉しい訳です。

もっと応援したくなるのが、人の情です。

あなたは、どうですか?

何をやってもらったら、お礼の連絡をしていますか?

成功の為には、多くの方々からの応援は不可欠です。

私がよく応援しているAさんに対して、その人の知人Bさんがこんな事を言うそうです。

Aさんは会長から気に入られいるから、応援されてイイね、私は全然応援されない、と。

そうなんです、Aさんに何かを頼まれお手伝いすると、必ずお礼のメールが来ます。

Bさんは?

お願いするばかりで、後は知ら顔だから疎遠になった。

それだけの事です。

あなたが本気で成功したいなら、感謝を伝える事を忘れないで下さい。

ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年4月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

値切りから成功しない、こんな事をしていませんか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 『値切るから成功しない』

会長は、何故?最近あの店に行かれないのですか?

ある人から、こんな質問を受けた。

実は、その店のオーナーに部屋探しをお願いされ、部屋を決めた。

そして、契約当日に、うちの営業マンに対し有り得ない事を言いだした。

『手数料を半額にしてくれないと、契約しません』と。

だから、私はそのオーナーとの付き合いをやめた。

それまでは、その店をまたに利用して、お客様も紹介していた。

数万円を値切って、お客様を失った訳です。

成功したければ、相手との信頼関係を壊すような値切りはすべきではない。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 値切って、ケチだから、付き合いをやめた訳では有りません。

この例で言えば、部屋探しを頼まれた段階で、手数料を半額にしてもらえますか?と言い、当方が承知して部屋探しをすれば、何の問題もない訳です。

何でも値切れば良いって訳じゃない。

下請けや職人を値切り倒して、自社だけ儲けていた工事屋が潰れた事例もあります。

何故?

工事を受ける一流職人が居なくなり、素人に近い職人に仕事を振り、その結果、苦情やトラブルが増え仕事が来なくなったからです。

本気で、成功を目指すなら、ケチる所はケチって、払うべき所には気持ち良く払う事が大切です。

損して得を取る、そんな事ばも有りますからね(^。^)

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年4月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

目先の利益に目がくらみ、成功に必要な事を忘れてはいませんか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 『信用』

ゼロから成功する。

何も無い所から成り上がる。

多くの若者が望む事じゃないだろうか?

お金も、コネも、人脈も、無い無い尽くしでどうやって成功するの?

無理無理って言う人には、無理です。

しかし、本気で成功すると言い切る人は、成功出来るんです。

実際、ゼロから成功した人は星の数程います。

成功する人は共通して『情熱』が有ります。

そして『信用』です。

どちらも、何も無い人でも手に入れる事が出来ます。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 信用を得る為に、何をするのか?

当たり前ですが、時間と約束を守る。

嘘をつかない。

有言実行、言った事はやる。

口約束でも、言った事に責任を持つ。

先日こんな事が有りました。

ある信頼出来る方からの紹介で、すごく誠実そうで、信頼出来そうな青年に会った。

紹介者との信頼もあったので、仕事のお願いをし、報酬も決めた。

口約束です。

実際、成約しそうになったら、報酬を倍近く言い出した。

その瞬間、取引するのはやめた。

成功の為には、目先の利益より信頼を得る事です。

利益は重要ですが、信頼を得る事は、もっと重要です。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年4月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師