自己満足の話は恥、成功には不要です。

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 3流社長、他人の話は聞かないが、自分の話は長い。

あなたは、大丈夫ですか?

自分が話したい事と、会場等に居るお客様が求めるものの差が無いのが良いスピーチ。

先日、ある会で乾杯を頼まれた方が、10分以上話し、簡単ではございますが?と言い乾杯した。

ビールの泡は無くなっていた。

IMG_3911

こんな乾杯のスピーチを喜んで聞いている人など居ないのでは?

その証に、30分位して、さっきの方は何を話していた?と考えても思い出せないから、隣に居た方に聞いても、何言ってましたかね?と、やっぱり覚えていない。

ポチッとお願いします↓

感謝

覚えているのは、話が長かったですよね、だけでした。

自己満足のスピーチは、他人に不快感は与えるだけです。

自己紹介でも、感想を1分づつ・・・と言われた時も、とにかく空気を読まずに長い人が居る。

ハッキリ言いますが、誰も聞いていませんよ、マスターベーションです。

本気で成功したいなら、場の空気を読み、場に合った時間で止める事です。

タイムイズマネー、あなたの自己満足の話で、多くの方々の大切な時間を奪わない事です。

 私自身も反省し、周りに迷惑を掛けないスピーチを実践します。

  お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2017年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

その先にある成功を見なくて良いのか?

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 楽しさを知る前に辞めていませんか?

今年の新卒で入社の10日で退職届けを出し、今日までに2度の転職をしたと言う青年にあった。

半年で3社で働き今の会社は、どうなの?

今回も思った会社じゃなかったので、もう辞めます、と言う。

正直、自分のやりたい事だけやらせてくれる会社などない。

短期間で転職を繰り返せば、採用してくれる会社も無くなり、自分の首を絞めるだけです。

私は電話営業の会社で、同期が辞めて行く中、結果が出るまでやり続けた。

好きでもない仕事をやり続け、初契約を取った時は、天にも昇る喜びでした。

ポチッとお願いします↓

感謝

この喜びを知っているから、何にでも本気なれ成功出来る。

多くの人が成功しないのは、この喜びを知る前に辞めるからです。

学生時代、必須科目にバスケがあった。

初めはドリブルもシュートも上手く行かず面白くない、でも授業だから辞めれない。

その結果、シュートもドリブルも上手くなり面白くなる。

こんな経験ありませんか?

これと同じような体験をした方は沢山居るはずです。

仕事も同じです。

初めは面白くなくても、結果が出れば、面白いんです。

面白くなれば、もっともっと本気で打ち込み、成功を継続する事になる。

成功したければ、まずは結果が出るまでやり続けてみて下さい。

嫌な仕事程、結果が出れば喜びは大きい。

  お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2017年9月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

数十万円払って成功出来ない真実

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 嘘で褒めて欲しいですか?本当に成功したいですか?

知人が言ってました。

ある大手人材育成会社の社長が・・・

成功出来る人間は、元々出来る人間で、ちょっとヒントを与えると自主的に行動する。

しかし、ほとんどは成功とは無縁の人種で、そんな人間に限って成功したがる。

自分に甘く、何も努力しないで成功出来るとバカな考えを持っている。

そんな人間を、本気になって成功させようと指導する=厳しい事を言ったり、ノルマを与えたり、時には叱る必要がある。

結果、彼らは、当社の悪口を言い去って行く。

だから、本気で成功させようなんて考えたら彼ら(お客様)は来なくなるから、腹が立つくらい行動しない彼らを、とにかく褒める事で、生徒が増え私の会社は大きくなった。

成功を目指す方々の力になりたいと始めた会社が、成功出来ない指導をする事で繁栄した。

ポチッとお願いします↓

感謝

私は、この社長の言葉に強く共感出来る。

私も起業塾の塾長として、本気で成功させようと厳しい事を言うと、陰で私の悪口を言い寄り付かなくなる。

それでも私は成功させたいから本気で指導する。

あなたは、どうですか?

本気で成功したいですか?

YESなら、厳しい事を言ってくれる方々を避けないで、感謝し受入れ行動を改善して下さい。

それ以外にあなたが成功する道は無いんです。

041801[1]

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2017年9月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師