付き合う相手を見極める

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 【付き合う相手を見極める】

何の心を磨く会なんだろう?

人としての道徳心を学ぶ、そんな経営者倶楽部に参加した。

それなのに誰が発表していても、各々が話していて、うるさくて聞こえない。

自己主張の塊の人達の集会?

そんな会に行く意味がない。

私は付き合いで会費を払い続けているが、人の話しを聞かない人達が嫌で行かなくなった。

たまたま、そこの偉い方と飲んで、お金の無駄だから退会したいと言ったら、そう言わずに来てよと言われ、久々に参加した。

以前より、悪化してた(^o^)

 ポチッと↓

感謝

 成功の為、色々な経営者倶楽部で学ぶのは、素晴らしいし、必要な事です。

成功に最も重要な事は誰と付き合うか?です。

他人の話しを聞かず、自己主張する人達は、自分だけが稼げば良いといっているようなものです。

そんな人種と付き合っても、あなたは利用されて終わりです。

その証に、何十年も続くこの会で、真の成功者は、ほんの一握りです。

当然です、人の話しを聞かない=他人を応援する気ゼロって事ですから、そんな連中とつるんで成功するはずがない。

本気で成功したいなら、素晴らしい人格者を見極めて付き合って下さい。

見分け方は、簡単です。

誰かの発表をどれだけ真剣に聞いているか?

成功したければ、他人の話しを聞く人とだけ付き合って下さい。

私はそうしています。

 ポチッと↓

感謝

タグ

2019年6月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

成功の基礎は、幼稚園で全て学んでいます

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

 『交流会に行く前に幼稚園へ』

私達は、社会に適応する為に必要な事は、幼稚園で学んでいます。

他人迷惑を掛けてはダメ。

嘘をついてはダメ。

約束を守りましょう。

時間を守りましょう。

人の話しを聞きましょう。

両親に感謝しましょう。

有難うを言いましょう。

明るく・元気に挨拶をしましょう・・・

私達は、社会に出て、人とコミュニケーションを取る上で必要な事は全て、幼稚園で学んでいます。

成功の基礎中の基礎です。

あなたが、本気で成功したいなら、この当たり前の事が出来ているのか?チェックしてみて下さい。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 色々な経営者倶楽部や勉強会がある。

大人になっても、学ぶ姿勢は、本当に素晴らしい。

しかし、どうですか?そこに参加している人達を見て、何を学んでいるのだろう?と疑問に思う事は有りませんか?

講師が話しているのにペチャクチャしゃべっていたり、携帯をいじっていたり、毎回遅刻したり、ドタキャン常習者だったり・・・

人はロボットじゃないから、たまには遅刻もするでしょう。

完璧な人間になれと言っている訳じゃない。

時間を守らない、人の話しを聞かない・・・いつも同じ人達です。

あなたは、大丈夫ですか?

成功する為に、色々な会に出て人脈を広げたければ、当たり前の事から直すべきです。

私は当たり前の事が出来ない人とは仕事はしません。

 ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年6月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師

継続する真の経営の行動

独立・起業、伝説塾の、あったか社長、國武栄治 です。 (^∇^)

感謝

『良い時こそ危機感を持つ』

成功する人は、チャンスに気付く能力や、チャンスを生かす能力が、ズバ抜けています。

誰にでも、同じようにチャンスは来るのですが、ほとんどの人は気付かない。

ここ数年、インターネットの普及で、凄い速度で次々と億万長者になるチャンスが出て来ました。

それを刈り取り数億、数十億円の資産を作った方々は数え切れないほど居ます。

ところが、その多く億万長者は、既に消えています。

チャンスが次々と現れる分、一つのチャンスが長くは続かないって事です。

 ポチッとお願いします↓

感謝

 成功を継続する人は、成功して余裕がある時に、次の一手を考えます。

継続する真の成功者は、成功したからと浮かれず常に危機感を持っているのです。

今の成功が一生続く訳ではない事を知っているからです。

リアルのビジネスでも同じです。

今までのお客様を持って独立すれば、独立直後に好調なのは当たり前です。

そこで、調子に乗って無駄遣いをし、気付いた時にはお金が回らなくなり消えて行く訳です。

成功を継続する人は、独立当初の調子が良い時に、次の一手の為にお金を使います。

5年継続する会社は15%です。

真の成功者を目指すなら、良い時こそ危機感を持つて下さい。

 お役に立てたなら、ポチッとお願いします↓

感謝

タグ

2019年6月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:反面教師